第二内科同門会

同門会会則

【 第1条|名称 】
本会は北大医学部第二内科同門会と称する。
【 第2条|目的 】
本会は、会員相互の親睦並びに臨床医学の研鑚を図る主な目的とする。
【 第3条|事務所 】
本会の事務所を、札幌市北区北14条西5丁目 北大医学部第二内科 (TEL:716-1161 内線5917)におく。
【 第4条|会員 】
本会の会員は、北大医学部第二内科出身者及び教室在籍者で、本会の主旨を賛同する者を以て構成する。
【 第5条|名誉会員 】
北大医学部第二内科歴代教授及び同門会総会の議を経て推薦された会員を名誉会員とする。
【 第6条|役員 】
本会には、次の役員を置く。
(1)会長:1名 (2)副会長:2名 (3)監事:3名 (4)幹事:若干名
【 第7条|役員の選出 】
[1]会長及び副会長は、総会に於て選出する。
[2]監事及び幹事は、会長の委嘱による。
[3]幹事のうち若干名を地区代表幹事とし、幹事の互選により、うち1名を幹事長とする。
【 第8条|役員の任期 】
[1]役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。
[2]補欠による役員の任期は、前項の定めに拘らず、残任期間にする。
[3]役員は、その任期満了後に於いても後任者が選出される迄は、引続きその職務を遂行するものとする。
【 第9条|役員の職務 】
[1]会長は、本会を代表し会務を総括する。
[2]副会長は、会長を補佐し、会長事故ある時はその職務を代行する。
[3]監事は、会計を監査する。
[4]幹事長は、会長の命により会務を執行する。
[5]地区代表幹事は、幹事長を助け会務の執行に協力し、地区会員との交流を計るものとする。
【 第10条|顧問 】
[1]本会に、顧問を置くことができる。
[2]顧問は同門会総会の議を経て会長が委嘱する。
【 第11条|役員会 】
会長は必要に応じ、役員会を招集し、会務の重要事項を審議する。
【 第12条|総会の開催 】
本会は年1回定時総会を開催する。但し会長が必要と認めた場合は、臨時に開催することが出来る。
【 第13条|総会の議決 】
総会の議決は、出席会員の過半数の賛同によるものとする。
【 第14条|総会の議決事項 】
次の事項は、総会の議決を得なければならない。
(1)予算及び決算 (2)事業計画 (3)会則の変更 (4)其他役員会で必要と認めた事項
【 第15条|事業 】
本会は第2条の目的を達成するため下記の事業を行なう。
(1)懇親会、年1回総会に引続き行なう。
(2)研究集会、学術研究並に臨床経験発表のための集会を年1回以上行なう。
(3)会報と会員名簿、年1回会報又は会員名簿を発行する。
(4)会員の慶弔に際しては、別に定める内規により微意を表する。
【 第16条| 会計 】
[1]本会は会計は、会費と寄付金を以て之に充てる。
[2]会費は年額6,000円とする。但し名誉会員及び原則として満75歳以上の会員は之を免除する。(平成7年10月より施行)
[3]本会計年度は、毎年9月1日に始り、翌年8月31日に終わる。


【 附則 】
この会則は、昭和45年9月19日より施行する。
この会則は、昭和50年9月6日より施行する。(第3条および第15条第2項改正)
この会則は、昭和51年10月16日より施行する。(第15条第2項改正)
この会則は、昭和54年8月25日より施行する。(第5条および第15条第2項改正)
この会則は、昭和61年9月6日より施行する。(第15条第2項改正)
この会則は、平成5年9月18日より施行する。(第10条新設)
この会則は、平成7年10月7日より施行する。(第1、3、5条改正、第10条第2項改正、第16条第2項改正)

同門会役員

平成29年6月現在

■会長
藤咲 淳
■副会長
萬田 直紀/菊池 英明/保田 晋助
■幹事長
柳澤 克之
■副幹事長
清水 力/堀田 哲也/石川 康暢(医局長)
■幹事
・庶務:近 祐弘/戸澤 修平/宮田 敏夫/山本 秀樹/古川 哲/田辺 達雄/小菅 正之/佐藤 恵
・編集:佐川 昭/新井田 洋路/笠原 英樹/柴崎 跡也/奥 健志(編集顧問:齋藤 昇/慶松 元興/櫻間 照喜)
・会計:野口 和哉/髙野 和彦/古崎 章/中村 昭伸/佐藤 亜樹子・学術:栗原 義夫/種田 紳二/大西 勝憲/小泉 和輝/西尾 妙織

■地区代表
杉元 紘一/堤 明人
■監事
小野 百合/向井 正也
■名誉会員
中川 昌一/小池 隆夫
■顧問
岡本 正敏